bunner

ご挨拶・経営理念

 弊所では、代表が直接ご対応させていただくことで見えてくる現状をとらえ、会話から社長の想いを汲みとることを大事にしています。

 信頼できる身近なパートナーと感じていただけるよう誠実・親切・丁寧に一人一人のお客様へ女性ならではの細やかな対応をさせていただきます。 jisseki

業務内容

banner 労使間トラブルを未然に防ぎ、リスク対策と見える化により、業務の効率化と従業員のモチベーションを売上に繋げる就業規則の作成。
就業規則は会社を守る憲法となる存在になります!

就業規則の作成

banner 年金事務所、街角年金相談センターでの実務経験を活かした、障害年金申請代行。
個人情報保護を徹底し、一番相談しやすい事務所を目指しております。

障害年金申請代行

banner これから起業をされる事業主、従業員を雇い入れる予定のある事業主に助成金を有効活用し、コストを削減して経営の発展に繋げられるよう貢献したいと考えます。

助成金申請代行

労災保険に特別加入したい一人親方や中小企業事業主は、労働保険事務組合へ加入することが必要となります。

労災保険の特別加入

複雑な労働社会保険の手続きを専門家である社会保険労務士にお任せください。

労働社会保険の手続き

講演・セミナー講師、執筆活動もお気軽にご依頼ください。実績の一部はこちらからご覧いただけます。

講演・セミナー講師、執筆

国家資格者だから安心・・・社会保険労務士活用のメリット

社会保険労務士とは、労働・社会保険に関わる業務など、企業の人事・労務管理全般のスペシャリストです。

リスト 企業経営に専念
事業主は、労働・社会保険の複雑な手続きを安心して任せることができます。


リスト 人件費の節約
従業員を一人雇うよりコストがかからず、
人事・労務担当者の業務を簡素化し、他の必要な業務に専念できるようになります。


リスト 事務手続きの改善
行政機関などへの報告・届出手続きはスピーディに処理され、帳簿書類も正確に作成されます。


リスト 経営の円滑化
法令改正や労務管理全般に関する情報の入手や有利な各種助成金の利用が容易になります。


リスト 依頼業務の安全確保
社会保険労務士は、社会保険労務士法により正当な理由がなく業務に関して知りえた秘密を他に漏らし、盗用してはならないことが義務づけられていますので事業主は安心して業務を依頼できます。

弊所の特徴TOP5

★社労士業界の中で、ITに強い事務所です。
社会保険労務士の業界は、平均年齢60歳とも言われています。 まだまだITが苦手で、紙ベース(郵送・FAX・電話)での対応のみの事務所も多い中、弊所では、電子申請手続き、クラウド管理などITに対する対応には慣れております。


★担当者まかせではなく、代表社労士が顧問先対応をします。
従業員に担当制で顧問先対応をされている事務所では、代表が実務から離れてしまって知識を維持しきれなくなることや、担当の従業員に社会保険労務士の資格がなかったり、実務の経験が乏しかったりすることがあります。 また、従業員が退職するた度に、担当者がコロコロ変わってしまうのです。 私自身が、こういったことに対する疑問を持ち続けていたため、弊所では、代表社労士がプレイヤーでいつづけたいと考えております。


★多くの経験と実績を重ねてきたからご安心いただけます。
開業してから7年目となり、セミナーの講師や講演依頼のお声がけいただく機会も増え、経験と実績を積んでまいりました。


★士業のイメージにない話しやすさで、お気軽にご相談いただけます。女性経営者に優しい事務所です!
社会保険労務士の仕事には、答えがひとつではないものも多いいです。 自分の会社のように親身になって、一緒に解決策を考え、共に成長し、苦難も乗り越えていきたいです。 そのうえでも、話しやすさは大切だと考えております。 また、代表自身が働く女性であり、母でもあるため、女性経営者さまからのご相談も多い事務所です。


★平等な助成金の情報提供を心掛けています。
助成金には比較的どの事業所でも対象になりやすいものから、かなり対象が限定されているものまでありますので、会社にとって使いやすい助成金を選んでご提案します。 助成金は手間のかかるものが多く、あまりに多くの案件を一度に受任することは難しいのですが、弊所では、できるだけ全てのお客様に平等に助成金の情報を提供するように心がけています。

下記の場合はお気軽にご相談下さい!

* 障害年金を受給できるのではないか

* 初めて従業員(パート・アルバイトを含む)を雇いたい

* 算定基礎届・年度更新・入退社等の手続きがめんどくさい

* 労働保険に特別加入したい一人親方・中小事業主

* 会社設立する
  (新規適用手続きが必要です。助成金が活用できる可能性があります。)

* 従業員さんとのトラブルを出来る限り避けたい

* 労働基準監督署から呼び出しされた

実績いろいろ

jisseki

対応エリア

横浜市(港北区、鶴見区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区)

川崎市(麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区、幸区、川崎区)

東京都(23区、町田市)

その他、相談によりご依頼受けさせて頂きます。

最新のお知らせ一覧

Copyright (C) 2013 KANAE URUSHIBARA All Rights Reserved